債務整理ガイド

離婚後の慰謝料や子供の養育費は債務整理の対象にできるか?

借金は人の人生を狂わせてしまいます。
借金をした事情は様々ですし、それが返せないほどになってしまった理由も様々でしょう。
ですが、時に借金は家族生活さえ破綻させてしまうこともあります。
事業で失敗した際や友人などの保証人になった場合に、自己破産しか生活を建て直す手段がなくなってしまい、自己破産をするとマイホームも失いその後の生活も大変困難ということが予想されます。
みじめな生活をさせる前に離婚を決める方も少なくありません。
一方、欲しいものを我慢できない、金遣いが荒くてローンを重ねてしまった場合や、もっと金利が低いところを探せばいいのに高金利のカードローンやショッピングローンを借り過ぎてしまい返済が難しくなったケースや、返済できると考えていたのに突然のリストラなどで借金が返せなくなるケースもあることでしょう。
こうした状況に嫌気がさして、奥さんが子供を連れて出て行ったという話もよくあるケースです。
一方で、離婚した後、人生の歯車が狂い始め、事業に失敗したりして借金が返せなくなり債務整理しか手段がなくなる人もいます。
中には軽はずみな浮気がバレて即離婚され、ついていないと思っていた方が借金も返済できなくなるなど、人生のつきに見放されたような方もいることでしょう。

結婚を控えている人の債務整理の注意点

好きな相手と念願が叶って婚約をすることができ、これから新生活に向けて楽しみだと浮かれたいのに借金のことが頭にちらついてなかなか浮かれることができない状況はとても辛いものです。
できれば早く借金を片付けてしまいたいものですが、簡単に返しきれる額でないと新生活に入る前に問題を解決するのは難しいでしょう。
そこで債務整理を行って借金の問題を早く片付けようとした時、新生活に影響が出るのではないかという懸念が残ります。
本当に影響が出てしまうのか、気になる点をご説明します。

債務整理で口座凍結される可能性とその対処法

借金の返済ができなくなってしまった場合に任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などの債務整理を検討する方も少なくはありません。
しかし、債務整理をすると銀行口座が凍結されるという話もあります。
口座が凍結されたら大変だから整理できないと考える方もいれば、逆にどうせ借金は返せないのだし口座の凍結くらいどうってことないと考える人もいるでしょう。
確かに口座が凍結されれば人によっては大変なことになりますが、きちんと対処すれば大きな問題にはなりません。
では、実際に口座が凍結されてしまった場合どうなるのでしょうか。
凍結のタイミングはいつなのか、凍結される期間はどのくらいなのか、また、口座預金はどうなるのかなどを理解し、対策を考えておきましょう。

親戚や友人のような個人間での借金は債務整理できるのか

銀行や消費者金融からお金を借りて返せなくなってしまい、個人再生や自己破産など何らかの方法を使って借金を整理するケースがありますが、借りる先は何も銀行や消費者金融ばかりではありません。
親戚や友人といった個人間での関係でもお金を貸してもらうことができれば借金が成立するため、当然お金を返せなくなったケースは個人的に貸してくれた場合にも当てはまります。
ここで気になるのは、債務整理は個人的な借金であっても有効なのかということです。
債務を整理する対象となり得るのかどうかを説明していきます。

借金の保証人に迷惑をかけずに自己破産するには?

借金をするときに保証人を立てている人は、借金が返せなくなったときに自己破産すると保証人がどうなるのかが気になるところだと思います。

この記事では、保証人付きの借金がある状態で自己破産すると保証人がどうなるのか、保証人に迷惑をかけずに借金を減らす方法はあるのかについて説明していきます。

借金の総量規制について詳しく知りたい人が読む3つのポイント

借金には総量規制という制限があり、総量規制で決められた金額よりも多くの借金をすることはできません。

ここでは、総量規制がどのような規制なのかを説明したうえで、総量規制でこれ以上借金ができない人が取ることのできる対策をあげていきます。

借金を肩代わりするのは本当に相手のためになるのか

借金の問題に苦しんでいる人を見ると、お金を出して借金を肩代わりしてあげたいという気持ちが出てくることもあると思います。

しかし、そこで単純に借金を肩代わりするだけでは、本人がお金の問題を自力で乗り切る力を身に付けられません。

借金を肩代わりするかわりに、債務整理の手続きについて教え、足を踏み出せるように背中を押してあげることで、自分も損をすることなく困っている人を助けることができます。

借金の一本化をする前に読みたい3つのポイント

このページを見ている人は、複数の会社からの借金があって返済が大変などの理由で、借金の一本化を考えている人だと思います。

借金の一本化には確かにメリットもありますが、デメリットもあります。

また、収入に対して借金額が大きすぎる場合、借金の一本化ではなく債務整理を検討したほうがいいことも多いです。

親の借金問題を解決するために読む2つのポイント

親が借金問題を抱えてしまったとき、子はどのような対応を取ればいいのでしょうか。

原則として子に親の借金の返済義務はありませんが、「見捨てるわけにもいかないからお金を出すしかない」と考える人は少なくありません。

ここでは、親が返しきれない借金を負ったときに知っておいたほうがいい3つのポイントを紹介していきます。

夫に借金がある妻が知っておきたい知識と対策

夫に借金があることがわかったら、不安や疑念でいっぱいになってしまう人が多いでしょう。しかし、離婚に踏み切る前にできることや考えるべきことがないわけではありません。

ここでは、夫に借金がある妻が押さえておきたい知識と取れる対策をまとめていきます。

自己破産すると医療保険やがん保険は解約になる?

自己破産では借金の返済義務を免除してもらえますが、いくつかのデメリットがあるため、医療保険やがん保険も必ず解約になるのではないかと考える人は少なからずいます。
ここでは、自己破産で医療保険やがん保険が解約になる場合とならない場合についてまとめていきます。

自己破産の影響はいつまで続く?ブラックリストについて解説

自己破産すると借金の返済義務自体が免除となりますが、そのかわりにいくつかのデメリットを受けることになります。
ここでは、ブラックリストなど自己破産の影響がいつまで続くのかについて説明していきます。

自己破産すると医療費の滞納はどうなる?

自己破産ではほとんどすべての借金や滞納の支払いが免除となりますが、中には免除されない支払いもあるため、医療費の滞納も免除されないと思われがちです。
しかし、実際には医療費の滞納も自己破産で支払いを免除としてもらうことが可能です。

自己破産にはいくらかかる?必要な費用を解説

自己破産をしたいと考えている人にとって、費用がいくらかかるのかは気になるところでしょう。
ここでは、自己破産するのにいくらの費用がかかるのか、費用が用意できない場合はどうしたらいいのかを説明していきます。

自己破産するときに遺産分割未了だとどうなる?

自己破産では財産の処分と引き換えに借金をなくしてもらえるので、自己破産の時点で遺産分割未了の遺産があると問題になってしまいます。
ここでは、自己破産で遺産分割未了の遺産がどのような扱いになるのかを説明していきます。

自己破産すると売掛金はどうなる?財産の処分について解説

自己破産は借金そのものをなくすことができる強力な債務整理ですが、財産を処分しなければならないというルールもあります。
そのため、自営業や個人事業主の人が自己破産する場合は、売掛金がどのような扱いになるのか気になるところだと思います。
この記事では、自己破産では売掛金が財産として扱われること、売掛金が発生したタイミングによって自己破産での扱いが変わることを説明していきます。