債務整理ガイド

自己破産の影響はいつまで続く?ブラックリストについて解説

自己破産すると借金の返済義務自体が免除となりますが、そのかわりにいくつかのデメリットを受けることになります。
ここでは、ブラックリストなど自己破産の影響がいつまで続くのかについて説明していきます。

自己破産でブラックリストに載るのはいつまで?

自己破産をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に情報が登録され、いわゆる「ブラックリスト」の状態になります。
ブラックリストに載っている間は、クレジットカードの作成・利用、ローンやキャッシングでの借金、分割払いで何かを買うこと、借金の保証人になること、信販系の保証会社を利用することができなくなります。
自己破産でブラックリストに載るのは約5~10年間で、この期間が過ぎると上述の制限も解除され、元のように取引ができるようになります。
ただし、ブラックリストが解除されても通知などは来ないため、本当にブラックリストが解除されたか確認するには信用情報機関に信用情報の開示請求を行う必要があります。
信用情報機関には、JICC・CIC・JBA(KSC)の3つがあるので、それぞれに開示請求を行ってください。
JICCとCICはインターネット・郵送・窓口、JBA(KSC)は郵送のみで開示請求を受け付けています。

自己破産の職業制限が続くのはいつまで?

自己破産のもう一つのデメリットとして、一部の職業に就業制限がつくというものがあります。
自己破産で管財事件となった場合は、破産手続開始決定から免責許可決定までの数カ月間、弁護士や会計士などの士業、金融業、建設業、警備員などの職業に就くことができなくなります。
免責許可決定が出た後は、上記の職業にも問題なく就けるようになります。
また、同時廃止の場合は破産手続開始決定と免責許可決定がほぼ同時に出されるため、職業制限の影響は受けずに済みます。

まとめ

自己破産でブラックリストに載る期間は約5~10年間ですが、ブラックリストが解除されても特に通知などは来ないため、本当にブラックリストが解除されたか確認するためには信用情報機関に信用情報の開示請求を行う必要があります。
また、自己破産をすると一部の職業に就業制限がかかりますが、管財事件の場合は破産手続開始決定から免責許可決定までの数カ月間が制限の期間となります。
なお、同時廃止の場合は職業制限の影響を受けません。