債務整理ガイド

自己破産にはいくらかかる?必要な費用を解説

自己破産をしたいと考えている人にとって、費用がいくらかかるのかは気になるところでしょう。
ここでは、自己破産するのにいくらの費用がかかるのか、費用が用意できない場合はどうしたらいいのかを説明していきます。

自己破産するにはいくらの費用がかかるのか

自己破産には「同時廃止」「少額管財」「管財事件」という3種類の手続きがあり、どの手続きを取るかによって費用がいくらかかるかが変わってきます。
同時廃止は処分すべき財産がない人が取る簡易的な手続きで、かかる費用は30万円程度と最も安くなっています。
少額管財は少額の財産がある人や免責不許可事由がある人が取る手続きで、50万円程度の費用がかかります。裁判所によっては扱いがないところもあります。
管財事件は通常管財ともいい、高額な財産がある人が取る手続きです。費用も高額で、70万円以上かかります。免責不許可事由がある人で少額管財の扱いがない裁判所の場合でも管財事件になります。

自己破産の費用がない場合は法テラスを利用しよう

自己破産したくても費用がないという人は、「法テラス」を利用して費用を割安で立て替えてもらうという方法があります。
法テラスとは、お金がない人に向けて無料法律相談や債務整理費用の立て替えといった司法サービスを提供している国の法人です。
法テラスを利用できるのは、目安として1人暮らしの場合で月収18万円以下、財産が180万円以下の人です。
法テラスを利用する際は、電話で無料法律相談の予約を取り、相談時に給与明細などの書類を提出することになります。
無料法律相談で自己破産が必要だということになったら、費用の立て替えを受けることができます。

まとめ

自己破産では、同時廃止の場合で30万円程度、少額管財の場合で50万円程度、管財事件の場合で70万円程度の費用がかかります。
自己破産の費用が用意できない場合は、法テラスを利用して費用を割安で立て替えてもらうという方法があります。
法テラスを利用するには、まず電話で無料法律相談の予約を取り、必要な書類を持って法テラスへ行きます。無料法律相談で自己破産するべきだということになったら、費用の立て替えを受けることができます。