債務整理ガイド

借金の保証人に迷惑をかけずに自己破産するには?

借金をするときに保証人を立てている人は、借金が返せなくなったときに自己破産すると保証人がどうなるのかが気になるところだと思います。

この記事では、保証人付きの借金がある状態で自己破産すると保証人がどうなるのか、保証人に迷惑をかけずに借金を減らす方法はあるのかについて説明していきます。

保証人付きの借金がある人が自己破産するとどうなる?

自己破産は裁判所を通して行う法的な手続きであるため、すべての借金を平等に整理しなければならないというルールがあります。

したがって、保証人付きの借金がある人が自己破産で借金をなくそうとすると、必ず保証人付きの借金も整理の対象に入ることになります。

そして、保証人付きの借金が整理された場合、借金の残高は保証人に一括払いで請求されてしまうのです。

仮に借金の残高が300万円だったら、その300万円をすべて一回で支払ってくださいと言われるわけですから、保証人も自己破産するはめになることも多いのが現実です。

保証人に迷惑をかけずに借金を減らすには?

借金の問題を解決する方法は、自己破産だけではありません。自己破産と同じ債務整理の一種である任意整理を選べば、保証人に迷惑をかけずに借金返済の負担を大きく減らすことができます。

任意整理とは、弁護士や司法書士にお金を借りた会社と交渉してもらい、利息を0円にしたり返済期間を60回払いなどの長期に延長したりできる債務整理です。

例えば120万円の借金がある場合、毎月4万3000円程度を支払って、総額156万円程度を返済するといった具合になることが多いですが、任意整理をすると利息の約35万円が全額カットされ、毎月の返済も2万円に抑えることができます。

任意整理の場合は、自己破産と違って対象に含める借金を自由に決められるため、保証人付きの借金を外してそれ以外の借金を整理することで、保証人に迷惑をかけずに借金返済の負担を軽くすることが可能なのです。

まとめ

自己破産ではすべての借金を同じように整理しなければならないので、保証人付きの借金があると借金の残高が一括で保証人に請求されてしまいます。

保証人に迷惑がかからない債務整理としては任意整理があります。

任意整理なら、保証人付きの借金を外して他の借金だけ整理することで、保証人に請求がいくことなく利息の全額カットや返済期間の延長(60回払い程度)を実現することができます。

三重県の自己破産に強い弁護士