債務整理ガイド

夫に借金がある妻が知っておきたい知識と対策

夫に借金があることがわかったら、不安や疑念でいっぱいになってしまう人が多いでしょう。しかし、離婚に踏み切る前にできることや考えるべきことがないわけではありません。

ここでは、夫に借金がある妻が押さえておきたい知識と取れる対策をまとめていきます。

夫の借金を妻が返す義務は基本的にはない

基本的には、夫の借金を妻が返す義務はありません。ただし、妻が夫の借金の連帯保証人になっている場合は妻も夫と同等の返済義務を負うことになります。

それ以外だと、夫婦の収入では家計が苦しくて生活のために借金をした場合など、借金の責任が夫婦の両方にあるようなケースでは、夫の借金の返済義務を妻も負う場合があります。

しかし、そうした場合を除けば、妻の財産はあくまでも妻のものです。

夫婦だからといって、夫の借金を必ず肩代わりしなければならないということはないのだと覚えておいてください。

夫の借金が返しきれなければ債務整理を検討しよう

夫の収入と借金額・返済額を考えると返済は無理だろうと判断したら、夫に債務整理を勧めましょう。

債務整理とは、借金が返しきれなくなった人が取ることのできる、法律で認められた正式な手続きのことです。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があるので、収入や借金の状況に合った債務整理を選ぶことになります。

なお、妻が夫の借金の連帯保証人になっている場合は、夫が個人再生や自己破産をすると妻に借金の残高が一括請求されるので注意してください。

借金癖が直らない夫とは離婚も視野に入れる

借金の責任が夫のみにあり、借金の問題を解決しようという意思が夫にない場合、「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるとして裁判で離婚をすることが可能です。

また、借金があるからといって故意に生活費を出さない場合は、「悪意の遺棄」に該当するとして裁判離婚ができることがあります。

夫婦で助け合って借金問題を解決することが難しい場合、離婚を考えるのも正当な権利です。いざ離婚をするとなったときに自活できるよう、十分な収入を確保しておくことも必要となるでしょう。

まとめ

妻が夫の借金の返済義務を負うのは、借金の連帯保証人になっている場合や、借金の理由が生活費を補うためである場合などです。それ以外では、夫の借金は夫のものであり、妻が返す必要はありません。

夫が借金を返しきれないようなら、債務整理をするよう勧めてみましょう。債務整理にも種類があるので、状況に合ったものを選ぶといいです。

それでも解決できない場合は、離婚もやむを得ないでしょう。経済的な理由で夫に非があるときは、裁判離婚が成立する可能性も高いです。