債務整理ガイド

自己破産するときに遺産分割未了だとどうなる?

自己破産では財産の処分と引き換えに借金をなくしてもらえるので、自己破産の時点で遺産分割未了の遺産があると問題になってしまいます。
ここでは、自己破産で遺産分割未了の遺産がどのような扱いになるのかを説明していきます。

自己破産では遺産分割未了の遺産はどのような扱いになる?

自己破産をした時点で遺産分割未了の遺産がある場合、裁判所から遺産について調査が入ることになります。
例えば、両親が実家を残して亡くなった場合は実家という不動産が遺産となりますが、実家の名義が亡くなった両親のままになっているケースだと、本人に兄弟がいる場合は遺産分割未了ということになります。
実家の価値が1500万円で3人兄弟だった場合、500万円が本人の財産として扱われるということです。
本人が現在実家を使っていない場合でも、500万円が財産として扱われることに変わりはありません。

自己破産のときに遺産分割未了の遺産があったらどうすればいい?

自己破産すると決めた時点で遺産分割未了の遺産がある場合、その遺産については処分されることを前提として対応するしかありません。
上述の例での500万円は財産として扱われるため、自己破産でほぼ財産がない状態でも500万円を捻出して処分してもらわなければならないのです。
もし500万円を用意できなければ、遺産を共有している兄弟に相談して、500万円で実家の所有権を買い取ってもらったり、実家を処分してその売却代金の中から500万円を工面したりといった方法をとることになります。
そうなるのを避けるためにも、遺産相続の機会が発生した場合は早めに遺産分割を終わらせるようにしましょう。

まとめ

自己破産をするときに遺産分割未了の遺産がある場合、その遺産は相続する権利のある財産として扱われることになります。
その場合、遺産分割未了の遺産は必ず財産として処分しなければならないので注意してください。直前に遺産相続の権利を破棄するなどの行為は認められません。
もし財産として処分するためのお金が用意できない場合は、遺産を処分してその売り上げを分割したり、遺産相続の権利を持つ他の人(兄弟など)に買い取ってもらったりする必要があります。
そうなるのを避けるために、遺産分割は早めに済ませるのが大切です。