債務整理ガイド

自己破産すると医療費の滞納はどうなる?

自己破産ではほとんどすべての借金や滞納の支払いが免除となりますが、中には免除されない支払いもあるため、医療費の滞納も免除されないと思われがちです。
しかし、実際には医療費の滞納も自己破産で支払いを免除としてもらうことが可能です。

自己破産では病院の医療費も免除してもらえる

病院で手術など医療費が高額になる治療を受けて支払いができなくなった場合、自己破産することで病院の支払いを免除してもらうことが可能です。
自己破産では財産を処分する代わりにほとんどすべての支払義務を免除としてもらえますが、「非免責債権」という返済が免除されない支払義務もあります。
非免責債権にあたるのは、税金や保険料、罰金や賠償金、離婚時の養育費などです。
病気やケガで医療費が高額になり払えなくなったという場合は非免責債権にはならないため、病院からの請求であっても自己破産で免除してもらえるのです。

医療費に保証人がついている場合は自己破産するときに注意が必要

医療費に保証人がついている場合、自己破産をすると医療費の請求は保証人にいってしまいます。
手術や入院の費用など、高額な医療費については保証人を立てる場合も少なからずあるため、その支払いを滞納している状態で自己破産すると、保証人になってくれた人に高額な医療費が請求されてしまうのです。
やむを得ない事情で自己破産を希望する場合は、その旨も含めて弁護士などの専門家に相談しましょう。

医療費を支払えずに作った借金も自己破産できる

医療費が高額でその支払いをするために借金を重ねてしまい、返しきれなくなった場合でも、自己破産で借金の返済を免除してもらうことが可能です。
自己破産は「免責不許可事由」にあたる場合は認めてもらえませんが、免責不許可事由とは借金の原因が浪費やギャンブルの場合などで、医療費がかさんで作った借金は免責不許可事由にはならないため、普通の借金として自己破産することができるのです。

まとめ

自己破産しても非免責債権は免除してもらえませんが、病院の医療費は非免責債権にはあたらないため、普通の借金と同じように免除してもらうことができます。
ただし、高額医療費の場合は保証人を立てることも多く、その状態で自己破産すると保証人に請求がいくので注意が必要です。
また、医療費が高額になったために借金をする必要に迫られた場合も、免責不許可事由にはあたらないため、自己破産で借金の返済を免除してもらうことが可能です。